TOP

陶芸を趣味にする人が最近増えてきているといいます。以前は陶芸というと、ちょっと敷居が高いようなイメージを持つ人が多かったのですが、最近は若い人の間でも気軽に陶芸を楽しむことがブームになりつつあるようです。その背景には、陶芸教室や陶芸体験をできる場所が増えてきていることや、インターネットなどで陶芸に関する情報が手に入れやすくなっていることがあります。そういったところから「楽しそう」「自分でもできるかも」といった感じで始める人が増えているようですが、陶芸を始める動機としてはそれで十分。もちろん陶芸は奥の深い芸術ですが、物作りという面では子どもからお年寄りまで誰でも楽しめるものです。作れるのもの種類も豊富で、作ったものを使う楽しみがあるのもいいですね。
もちろん素人が自宅で急に陶芸を始めるのは困難ですから、はじめは陶芸の体験に行ったり陶芸教室に入門したりしてそこで教えてもらうのが一般的です。実際に陶芸をするとなると、窯で焼いたりする作業は普通は自宅ではできないものですし、土を練るだけでもかなり汚れるので場所の確保が大変です。教室に通えば教えてもらえるうえに場所も心配も不要で、窯で焼くなどの工程もお願いできるので素人でも自分の作品が作れるのがメリットです。作品といえるものを作るにはかなりの修練が必要ですが、素人でもなんとなくそれなりのものができるのも陶芸の楽しみの一つ。そんな作品を作り続けていくうちに、徐々に技術も上達して、難しいものや美しい作品が作れるようになっていきます。それぞれの工程はシンプルですが、土を練るのも窯で焼くのも、本来その日の湿度などで微調整することが必要なほど経験が必要な作業です。初めてでも取り組みやすく、しかも上達するにつれてその奥の深さがわかってくるのが陶芸かもしれません。また、そういったところが陶芸が人を引き付けるポイントだといえるでしょう。最近は自宅で使える陶芸用の小さな窯も増えているので、趣味が高じて自分で窯を購入する人も増えているようです。興味のある人は体験教室などから始めてみるといいですよ。

dir
Copyright© 2012 陶芸のすすめ All Rights Reserved.